レディー

関節に痛みが出てくる理由|グルコサミンで補う問題点

不足すると起きる症状

膝関節

不足することで起きる症状

グルコサミンはサプリメントとして販売されているので、その名前を知っている人は多いでしょう。グルコサミンはもともと人の体内に存在していて、軟骨を構成している大切な成分です。軟骨は関節などに多く含まれていて、クッションの役割を果たしています。そのため体内からグルコサミンの量が減少していくと、関節のクッションがすり減ってしまうため、関節をスムーズに動かすことが困難になります。症状が進むと関節痛を引き起こします。それは日常生活にも影響を与え、階段の上り下りで膝の関節が痛んだり、椅子の立ち座りで腰が痛んだりすることがあります。不足するグルコサミンは食事では十分な量の摂取が難しいため、サプリメントで補うのがおすすめです。

変形性関節症の詳細

加齢とともに、グルコサミンの生産量が減少することは良く知られています。また体内のグルコサミン量が減少すると、関節の病気を引き起こす可能性があります。その代表的な疾患が変形性関節症です。グルコサミンが不足すると軟骨がすり減り、骨と骨との摩擦が強くなります。摩擦が強くなる分、関節を動かすたびに痛みが生じてきます。変形性関節症の多くは、膝の関節に起きるとされています。特に高齢者に多く、80歳以上の女性のうち約3分の2は膝の変形性関節症とも言われています。症状を緩和させるためには、グルコサミンの定期的な補充が必要です。ただしカニやエビなどの甲殻類アレルギーがある場合は、原料をしっかりチェックする必要があります。甲殻類アレルギーがある場合は、植物原料のグルコサミンサプリメントがおすすめです。