レディー

関節に痛みが出てくる理由|グルコサミンで補う問題点

膝が痛くなったなら

膝

どのような痛みなのか

膝の痛みを感じる方が最近は多くなっています。膝の痛み方によって、その原因の特徴がわかったりします。 例えば、中高年の方が軟骨をすり減らすために起こる変形性膝関節症などでは膝の骨と骨が当たることによって痛みが起きます。なので膝を動かしたりすると痛みを伴いやすいです。 スポーツなどで膝を痛めた場合などは、膝周りの筋肉が損傷しているので、体重をかけると痛みを伴います。 運動不足などにより筋肉の活動が低下すると膝が動きにくくなります。このようなときは膝を思い切り動かそうとすると痛みを伴います。このような痛み方は急に体重が増えた人や、歩き方が悪い人にも当てはまります。 このように膝の痛みにはいろいろな特徴があります。

対処法を的確に

膝の痛みにはいろいろな種類がありますが対処法はほとんど同じの場合が多いです。変形性膝関節症の人もスポーツで痛めた人も、どの人にも共通しているのが膝を酷使しているということです。なので対処法として一番有効なのはあまり膝を動かさないようにすることです。他にも腫れを伴っている場合などは氷などでしっかりとアイシングすることが大切です。 運動不足の人や急激に体重が増えた人は先ほどとは違い、筋肉を鍛えることが一番有効な対処法になります。 また、食生活からのアプローチも有効です。膝が痛むのを防ぐグルコサミンという成分がありますが、このグルコサミンは傷ついた軟骨を修復することができます。軟骨が傷つくことで痛みを伴う変形性膝関節症を治すことができるのです。このグルコサミンを摂取するなら、市販のサプリメントがうってつけです。ただし、グルコサミンには即効性はありませんので、症状の緩和を目指すのであれば、継続して摂取することが大切です。費用や飲みやすさなどを総合的に判断して、継続しやすい商品を購入しましょう。